レイクとヤミ金の違い

現在、個人向け無担保カードローン分野は、様々な業態が入り乱れて激烈な顧客獲得競争を繰り広げています。

まず、銀行法の規制下で個人向け無担保カードローンを取り扱っているのは、メガバンクや信託銀行、地方銀行、ネット銀行などの銀行と信用金庫です。

そして、貸金業法の下で個人向け無担保カードローンを取り扱っているのは、信販クレジット会社と消費者金融会社と一般貸金業者です。

更に、消費者金融会社と一般貸金業者を分類すると、銀行系大手消費者金融会社と独立系消費者金融会社と一般貸金業者に分けられます。

銀行系大手消費者金融会社は、三菱UFJフィナンシャルグループ傘下のアコムや三井住友フィナンシャルグループ傘下のプロミスや新生銀行が直接運営するレイクなどがあります。

そして、独立系消費者金融会社は主に地方を営業基盤とする消費者金融会社です。

これらの地方を営業基盤とする独立系消費者金融会社は、首都圏や関西圏を地盤とする大手消費者金融会社と同時期に創業していることが特長と言えます。

そして、一般貸金業者は主に首都圏や関西圏の駅前で営業している中小の貸金業者を意味します。

これらの中小の貸金業者は殆どが貸金業法の下で都道府県に登録をした正規の貸金業者ですが、その中身は玉石混交と言わざるを得ません。

殆どの業者は一応貸金業法の下で都道府県に登録をした正規の貸金業者として営業していますが、業者のスクラップ&ビルドが非常に多く成っています。

つまり、営業の都合が悪くなると、社名や看板を差し替えて営業する様な業者です。

そして、もう1つはその様な正規の登録を行わずにキャッシングを行っているヤミ金業者です。

ヤミ金業者は貸金業法や都道府県の規制を受けませんから、利率は法外な利率を要求されヤクザまがいの取立てを受ける恐れがありますから注意が必要なことは言うまでもありません。

 

診断してみた

私はいわゆる普通の主婦です。

専業主婦ではなくアルバイトで接客業もしています。

子供もいなく夫と2人で賃貸暮らし。

夫の帰宅時間も不安定で出張も多いし、私はちょっと夜の遊びにハマってしまいました。

自宅にいる時間もだんだんと少なくなる夫に寂しさや不満も積もるあいだに、どんどん遊びにハマっていく私。

アルバイト以外のお金でも遊ぶようになった私は、他社の融資も受けようと「ノーローン」から受けられるか調べてみることにしました。

最近は、インターネットから簡単に診断できるんです。

簡単な入力を済ませて、診断結果へ。

融資は簡単なようでした。

次の日にカードの受け取りへ行きました。

私の場合は1年ほどで、家庭環境も良くなったので遊ぶことも少なくなり、コツコツと返済しています。

正直あのころのまま今に至っていたらと思うと、いくら借り入れてたか怖いものです。

「ノーローン」もそうでしたが、こんなにも簡単に借入れることができるのが逆に怖いくらいですね。

参考になるかは知りませんが、私は大体年収120万円くらいでしたが、今の返済にはそれほど困っていません。

カードローンとはどんなものなのか

カードローンは、以前と比べてとても身近な存在になってきました。利用をされている方も多いのではないでしょうか。

ローンを組むということは、将来的に借入金の返済をしていかなければならないので、気軽に利用が出来るような環境であっても、きちんとカードローンのことについて知っておく必要があります。

ここでは、そんなカードローンが一体どんなものなのかをご紹介していきたいと思います。誰しもが、急にお金が必要になるという可能性を持って生活をしています。

そんなとき、カードローンを利用すると、すぐに手元にお金を用意することができ、とても便利なのです。 しかし、カードローンのサービスを提供している金融会社もタダでお金を貸してくれるわけではありません。カードローンにてお金を借りた場合は、返済の際に必ず利息を支払わなければなりません。

元金とこの利息を回収することで、カードローンのサービスを提供している金融会社は、会社を運営することが出来ているので、各金融会社によって利息は変わってきます。金融会社でも、カードローン商品や借り入れの金額によっても、金利が変わってくることもあります。

傾向としては、借り入れ総額が大きくなればなるほど、金利が低く設定されている傾向にあります。返済総額を少なくするためにも、出来るだけ金利が低い金融会社を選ぶことをお勧めします。 また、カードローンを利用する際には、金融会社によって利用が可能かどうかの審査を受けなければなりません。

この審査では、住所や連絡先、勤務先、年収など、個人の情報を聞かれ、それによって返済能力があるかを金融会社側が判断をします。審査の条件や基準に関しては、金融会社によって違いはあります。この審査に通過をしなければ、カードローンの利用をすることが出来ませんので、出来るなら審査基準や条件が緩い金融会社を利用するのが良いかと思いますカードローンの利用を検討されている方は、それぞれ借り入れ金額や返済期間などが違います。自分に合ったカードローン会社を探して、利用をするようにしましょう。

WEB完結が便利なモビットはネットからの申し込みがとても便利ですよ!

主婦が借りられる「地銀」の即日融資

主婦が借りられる即日融資商品は「年収の3分の1以内‥」というような貸金業法に基づく借入となる以外の場所での借入となります。

勿論、これは専業主婦で仕事をお持ちでない方に限る話ですが、仕事をされていない主婦のみなさんが借入出来る場所は、貸金業法と関係ない場所での融資となります。

そのため、借入れ出来る場所を探すならやはり「銀行系」の貸金業法の対象外となる場でのキャッシングとなりますが、銀行の主婦キャッシングであれば専業主婦のみなさんでも即日融資を受ける事が出来ます。

そのため、最近は主婦の間で人気傾向の即日融資に「地方銀行による即日融資」等が人気傾向です。

また、こうした商品を利用する事により、専業主婦の方でも安心して融資が受けられます。

主婦の方の融資が可能になるのは、銀行系もしくは銀行の限られた融資商品となりますが、それが逆にお金を借りるにしても安心で尚且つ低金利となりますので、人気が出ているのだと考えられます。

例えば、ひとつの地方銀行のキャッシングを例に挙げると融資限度額が「500万円」「金利7.8%~14.8%」の融資商品となり、専業主婦の方でも審査が柔軟で非常に借りやすいという定評がありますが、こうした融資商品は、保証会社もきちんと設けられているキャッシングとなりますので、保証人等も必要なく借りられる即日融資となります。

ただし、地方銀行における即日融資商品は、主婦の借入れに際する限度額が設けられる事が多く主婦の場合の融資額は「30万円以内」となっておりますが、急なピンチの際にはこのぐらいの限度額でも十分助かる金額になると思われます。

この要に専業主婦の方でも利用可能な即日融資商品は、地方銀行等でも扱っていますので「お金が足りない‥」「子供の塾の費用が‥」等という場合の融資には「地方銀行のカードローン」等も視野に入れて検討される事がお勧めです。

実際、専業主婦の皆さんを対象とする金融商品を扱う機関がいくつかありますので、そうした地銀の商品の中から探してみる事もお勧めですし、こうした地方銀行の融資商品は、専業主婦の皆さんは勿論の事、来店不要で融資を可能としていますので、誰にも会わずに契約は可能ですし、旦那さんにも内緒の融資を実現出来るかと思われます。

消費者金融のフクホーなら主婦でも借入可能です!

プロミスの口コミ情報

40代のサラリーマンからの口コミ投稿です。

「プロミスに初めて申込み、100万円の希望額でしたが50万円の融資がOKになりました。その時にプロミスの担当者から半年くらい待って下さいと言われましたが、言葉通り半年後に50万円の追加の融資が認められました。プロミスの窓口の担当者は非常に対応が良く、訓練されている感じがしました」とのことです。

現在、プロミスには「フリーキャッシング」と「おまとめローン」と「自営者カードローン」と「目的ローン」の4つのカードローンが用意されており、「フリーキャッシング」の適用金利は実質年率6.3%~17.8%で、「おまとめローン」の適用金利は実質年率15%で、「自営者カードローン」の適用金利は実質年率6.3%~17.8%で、「目的ローン」の適用金利は実質年率6.3%~16.5%となっています。

また、融資限度額は最大300万円となっています。

従って、プロミスでは申込者の審査によってクレジットスコアを算出し、そのクレジットスコアによって融資限度額と適用金利を決めている訳です。

今回の40代のサラリーマンの口コミ投稿者の場合は、初回、100万円の希望でしたがプロミスの審査で50万円しか認められませんでした。

通常の消費者金融会社ではそのままで終わったかもしれませんが、プロミスでは半年間の40代サラリーマンの返済に遅れが無かったことから追加の融資が認められた訳です。

この様にプロミスでは申込者の審査によって細かくクレジットスコアを算出し、融資限度額や適用金利を決めています。

また、半年~1年の返済状況を見て、申込者が希望する場合は追加の融資を行っています。

つまり、初回の申込時には50万円の融資枠しか取れなかったクレジットスコアが、半年後には返済実績で100万円の融資枠が取れるクレジットスコアに増えたことになります。

この様なプロミスの顧客の個別事情を考慮した対応は、顧客がプロミスを支持する1つの理由になっています。

人生のバランス、ローンの活用

ローンは大変便利なものです。

時間は金なりとはよく言ったもので、必要なものを購入したいとき、

あるいは必要な勉強や起業準備等、あるいは人とのお付き合いが必要なときに

必ず手元に十分なお金があるとは限りません。

しかし、人生にはその時々の旬があり、その旬の時期を逃すと

様々なチャンスをみすみす見逃すことにもなりかねません。

お金のために人生のチャンスを逃がすのは勿体ない

ということで必要なときにはモビットのお世話になっています。

ローンには主に目的別のローンとカードローンのように目的が特にないものがあります。

いずれにしても計画的な利用が必要です。

目的別ローンの場合は、金額も大きく返済も比較的大きくなりますから

十分な見通しをもって借入れを行なうことが必要です。

こうしたローンは一度しっかりと返済すれば、大きな与信につながり

先方からより好条件の即日融資を案内されることもあります。

金利は安くないですがクレディセゾンなどはこうした傾向が強いのかなと思います。私も随分お世話になりました。

 

一方で無目的のカードローンですが、これは極めて便利なものですが、その反面危険性も伴います。

 

カードを使っているうちにローン残高があたかも自分の

貯蓄残高であるかのような錯覚を覚えてしまうのです。

 

しかし、あくまで借入れですから返済の利子がいつの間にか大きくなってしまい、

いつしか利子の支払いに縛られることにもなりかねません。

 

規制が緩やかな数年前にはそれで債務整理を余儀なくされる人も続出しました。

私の友人にも債務整理を行なわざるを得ない状況まで追い詰められた人もいます。

司法書士の友人からカードが原因で破産に至る人も珍しくないという話を聞いたことがあります。

 

やはり、ローンを利用して、「今」その便利さを享有できるのは素晴らしいことですが、

余裕のない利用の仕方は取り返しがつかなくなることもあるようです。

 

ローンの利用も人生そのものもやはりバランスが大切なのだと思います。

じぶん銀行から見たカードローン事業

じぶん銀行の経営コンセプトはメガバンクや都市銀行や地方銀行とは全く異なります。

もともと、じぶん銀行は2008年に新規設立されたネット銀行ですから、大手銀行が持っている様な顧客基盤である大企業や富裕層の個人顧客を持っていません。

従って、大手銀行の様に集めた預金を貸し出して、その金利差である預貸金利で経営が成り立つ収益構造ではありません。

敢えてじぶん銀行の顧客基盤と言えるのは、大株主の三菱UFJ銀行のネットバンキングを行う顧客層とauの携帯電話顧客層の中でネットバンキングを行う顧客層と言えます。

その為、じぶん銀行は為替などの各種手数料収入や外貨預金などの手数料と、個人向け無担保カードローンの貸し出し金利を獲得することが収益の柱と考えられています。

例えばじぶん銀行の場合は、顧客がATMを使った時に落ちるATM手数料や投資信託や外国債券などの証券関連の販売手数料も大きな収益源の一つとなっています。

メインの貸し出し金利以外に、為替手数料やATM手数料や投資信託や外国債券などの証券関連の販売手数料なども1つの収益源と考えている従来の銀行に対して、じぶん銀行などのネット銀行は各種手数料収入がメインの収益源なのです。

そして、ネット銀行が力を入れるもう一つの事業が個人向けの無担保カードローン事業です。

もともと、ネット銀行には法人顧客は居ませんから、貸し出しも法人などのホールセールスよりも個人のリテールに力を入れなければなりません。

ネット銀行のメイン顧客層である若いインターネットを自在に使いこなすビジネスマンとオフィスレディーにとっては、顧客が都合の良いタイミングでいつでもネットからのカードローンの申込ができて、素早く審査して直ちに顧客の口座に振り込むスピーディーな体制が求められます。

従って、カードローンの融資金額は大きな額のニーズよりも、10万円~30万円程度の小口資金の需要が中心です。

また、ネット銀行が総量規制の導入で、信販クレジット会社や消費者金融会社のカードローンから締め出された顧客の受け皿を狙っていることは否定できません。

お金を借りるときは銀行系のカードローンをまずは検討したほうがよさそうですね!

アコムの特徴について

アコムが他の消費者金融と比べて魅力的な所をご紹介したいと思い

 

ます。アコムは金利が低めなことや、おまとめローンの商品がある

こと、審査から借入までスムーズなことが特徴ですが、最大の魅力

は何と言ってもオペレーターの方の対応ではないでしょうか。申し

込みをして電話で応対してくれた時も、いろいろ質問し、しどろも

どろになった部分があったにもかかわらず、声色も変えず、イラつ

きのそぶりも見せませんでしたし、丁寧に受け答えしてくれました

(当たり前と言えばあたり前なのですが、しどろもどろになった瞬

間にイラつきを見せる会社も経験上いくつかあります)。自動契約

 

機で契約したときのオペレーターの方も親切丁寧で、社員教育が行

 

き届いているなあと感じました。

 

街金業者ヤミ金業者のフリーローン

街金業者やヤミ金業者が取り扱っている個人向け無担保カードローンも、無担保で保証人は必要なく資金使途も自由ですからフリーローンであることは間違いありません。

そして、いわゆる街金業者とは中小の消費者金融会社を意味します。

いわゆる街金業者の中には小さくても貸金業法を守りまともに営業している業者も少なくありませんから、街金業者=違法業者と決め付けることはできません。

しかし、一方では会社の看板を架け替えながら営業を続けている、実質的な違法業者が多いことは否定できません。

例えば、東京都が毎年公表している不適切業者の数は100社を下ることはありません。

つまり、多くの貸金業者が潰れる一方で新しい業者が誕生していますが、看板を架け替えながら営業を続けている業者も多い訳です。

只、この様な業者は決して顧客のためにはならない業者ですが、最初から顧客を騙したり法定以上の金利を取ったり暴力的な取立てを行うことはありません。

しかし、返済が遅れた場合などは、貸金業法に定められた取立てのルールを無視した強引な取立てが行われる可能性があります。

従って、街金業者を敢えて使う必要性は見当たらず、使わないにこしたことはありません。

一方、ヤミ金業者のフリーローンは最初から貸金業法などの法律を守ることを前提にしていません。

ヤミ金業者のフリーローンの金利は月利で20%前後という超高利で、年率に換算すると200%を超える異常な金利です。

つまり、1年借りた場合の1年後の元利合計は300万円に上ります。

勿論、これを超える様な金利もあるのです。

従って、どんなに追い詰められても、ヤミ金業者のフリーローンを使うよりも過酷な道はありません。

つまり、ヤミ金業者から借りて安心できるのは一瞬であって、その後にはそれまで以上の過酷な道が待っています。

ヤミ金業者に手を出すのなら、既に有る借金の返済をギブアップする方がまだマシと言えます。

 

カードローンで時計を購入

カードローンというものを使ったことが最近までありませんでした。ローン自体あまり好きではないからです。でも、いざという時とても助かるものだな、と痛感しました。

先日好きな時計を見に大阪まで行ったのですが、限定品で最後の一つだけがありました。どうしても欲しかったのですが手持ちの現金がなかったので、カードローンで購入しました。ローンを組むのは抵抗がありましたが、その時買わないともうその時計を購入するチャンスがなかったんです。

カードローンの利率は思ったほど高くないので、毎月計画的に返済しています。一年くらいで完済できそうなので全く無理はありません。いざという時のためにカードローンは必要なものだと思います。